<< ソボクなギモン。 | Main | とうとつに >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

個人的メモ

 よくド忘れして、発見するたびに驚くのでここにメモってみる。

折 口 信 夫 = 釈 超 空

で、どうして釈 超 空の名を覚えているのかがよくわからない…
折 口 信 夫の名を知ったのは高校生くらいのことで、短歌やら和歌やらに触れる機会があったのはどう考えてもそれ以前なんだよね…
小中学生の頃は百人一首とか万葉集とか、く○んの漫画で親しんでいたものの…それ以降は遠ざかってるし。それ言い出すと、そもそも民俗学なんて学んだ事はないんだけど。

心当たりはこの一首↓

葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり

なんとな〜く覚えがあるんだけど、そんな程度で覚えてるだろうか…
種 田 山 頭 火と尾 崎 放 哉が混ざるよーな頭なのに!
(わけいっても〜と、咳をしても〜、がどっちだったかなぁとよく取り違える。

やっぱあれかな…名前のインパクト←とても失礼な発言
| 興味。 | 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:15 | - | - | pookmark |
COMMENT
確かね、その短歌に関する有名な説明文か物語があってそれに折口=釈かつ、
男溺愛して出征したときにどーたら的な話がね…あったのよ。
わたしそれ読んだの中学受験か大学受験の勉強中だったから…うん…だから覚えてるんだと思うよ
| 真琴 | 2010/01/28 11:19 PM |
うう〜ん、私の場合ちょっと違う気がするんだよ、ね…

何しろ折口という人を知ったのが木○日記だからなぁ←ヲイ
だから学者としての折口は殆ど知らない(○島日記由来の歪んだ情報しか…)し、短歌の記憶はそれこそ、く○んの漫画と結びついてるんだよ…同じ本に載ってた他の短歌も、見ればわかるとは思うけど、その中で詠み人の名前覚えてるのって与 謝 野 晶 子くらいで。

そんなわけでインパクトかなぁ?と思うんだけど…はて。
| りん | 2010/01/28 11:50 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://lente-festina.jugem.jp/trackback/422
TRACKBACK