<< 雨の(降りそうな)長崎へ | Main | ビフォーアフター >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

つーかーれーたー

 幸い傘の出番も無く、全然降られずに帰ってきました〜。

観にいったのは、長崎県美術館のヴィンタートゥール展。90点全てが日本初公開という、奇跡。
名前はドイツ語、場所はスイス、コレクションの内容は…初っ端からフランスだった。いや、ドイツやスイスの近代絵画もありましたが。
個人的には、九州開催の企画展にしてはボリュームがあったなぁと。楽しかったです。


 
割と好きだったのは、"イル=ド=フランス"のトルソ。膝〜首まで、両腕なしの女性のブロンズ像なんですが、体形が凄く好みだった。むっちりしてるけど、ぶよぶよではなくて…とか語るとただの変態になりそうなので自重します。

企画展の後に見た常設展の一部がスペイン絵画だったのですが、初っ端から少年の裸体画×2、幼児のデッサン…と続き、そういえば企画展には女性の裸体画はあっても、少年の裸体画はなかったなぁ…歪みねぇな!悪友ども!!と笑ってしまいました。
…ええ、勿論、ただの偶然だとわかっていますよ?

あとは〜卓袱料理的なものを食べに行き〜戻ってきて出島を観光し〜疲れ果てて帰ってきました。
残念ながら、さくらのお弁当もパンも売り切れだったよ…
| 非日常の。 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 19:37 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://lente-festina.jugem.jp/trackback/641
TRACKBACK