スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

休みと週末

 土日出勤からの月火休みという(謎)シフトな関係で曜日感覚が失踪中。(ちなみに先週の金曜日は休みだった)
あれ?今日は日曜じゃないの…?(昨日は完全に土曜日のノリだった)

部屋で一日ごろごろ…しかけてヤバイ!と思ったので夕方からちょっとお買い物に。
お会計時にレジのお姉さんに「仕事帰りですよね〜」と声をかけられ、思わずフリーズ。
「あ、違いましたか(汗)」とすぐ謝られたけど、「今日は天気良かったからお出かけしてる人も多いですよね〜」と続けられて、いや、つい1時間ほど前にやっと家を出ましたが…とも言えず。
「そうですね〜」と答えてお茶を濁した…

なんだろうこの微妙な気分。

そして明日は休みなのに職場に行かなければならんとゆー理不尽さ。
| 日々。 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

UK的4兄弟

130217_210616.jpg
気がついたら4台になっていた赤いコ達。
UKというよりロンドンな気もするんですが、メーカーはスコットランドだったりするしのう…
| 携帯さんから。 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

二月は逃げる

 気がつくと1月が終わっていたとか嘘だ…!!

まぁなんか寒さとか忙しさとかとあるフリゲへの愛が再燃したとかまぁそんな感じで、大体引篭もって過ぎ去ったな、うん。

正直最近は高速鉄道への愛が行方不明だったので、オレンジなところの新しい子の存在を今日初めて知る体たらく。
その車体のロゴを一目見て、ムネアツ…いや、目頭が熱い…?
なんというか、あそこのセンスの歪みなさはほんと、ブレない…むしろ何故あそこまでブレないのか…
同じようなの使ってても青いところの方がデザイン性があるというか…その先の赤いところはデザイン性ありすぎてむしろ斜め上な感じ?(緑は、ノーコメントで!)
| 日々。 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

何処も同じ

 …と言いたいけれども今回は前回とは何となく違う年末年始(個人都合)。

《今年読んだ本》
 去年より少な目で50冊届かず…1冊読み終わるまでの期間が1日〜1ヶ月と幅広いわりに頑張ったのかな?


《今年行った場所》
 東京、新潟、台湾?
 うーん、今年は大人しかったなぁ…来年こそは…(もごもご


 今年の始めの事を珍しくよく覚えているのがちょっと切ない年の暮れです。
 もう病院へ顔見せには行きませんし、御節もお預けです。

 一方で、今年の初めにはまだ産まれていなかった友人の子は、意外な速さでハイハイするようになっていました。(夏にも会ったけど)

 「溜まっている家計簿を片付けないと年を越せない」と別の友人がこぼしていたので、そういえば…と思い立って溜めていた読書録を埋めてみました。
 どうにか年内に終わったようです。

 それでは、よいお年を。
| 日々。 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

memento mori

 時々ラテン語の格言を覚えようと試みます。(漢詩のこともある)
そしていつのまにか忘れます。
流石にこの記事のタイトルに使った格言は有名すぎて忘れませんけど。

この有名すぎる格言と同系統のものに、「人間いつか死ぬのは確かだけど、その時がいつ来るかは不確かだ(Mors certa,hora incerta.)」というのがありまして。
わかるよーな、わからないよーな…と思いつつ短いし、何となーく覚えていたのです。
…「死」という単語に反応するのは中二病の基本ですよねww

ぶっちゃけ忘れかけていたのですが、最近読んだ本の中で偶然にも再会を果たしました。
遺言書の文言として。
原文がわからないのでハッキリと断定は出来ないのですが、どうも中世ドイツの遺言書に似たような言い回しが使われているそうな。。
そうか、そういう場面で使うのか…
すごく、納得。

もうひとつ似たような系統の格言に「私はお前だった、お前は私になるだろう(Tu fui,ego eris.)」というのがあります。
これは墓碑銘。
結構皮肉(?)がきいてて好きww
(つまり「お前もいつかは墓の下に…(ニヤリ」ってことです)

しかし不肖ワタクシ日本人ですので、最低限働きはすれども祈りはせず、鐘の音に失われた自分の一部を思うよりかは、花を愛でつつ酒を楽しみ、今日を限りと人生を楽しむ方に憧れますね〜
| 日々。 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

師走

 いつの間にか今年もあと1ヶ月ですねぇ…
走る僧侶はおりませんが職場に神職はいるようです。あ、隣の施設には副住職がいるらしんですけどね。


毎年時期が遅くなっていく健康診断が終わった解放感で色々買い込んでしまいました…主に野菜。
…頑張って食べないと。

ここ三年ほど健康診断が同じところなお陰で去年のデータと比較されるという嫌な診察がついてきます。
何故か私は地味に体重が減っていってる(−1kg)ので「ダイエットでもしたんですか?」「いいえ何も」の問答が2年続けて。
1年で1kgって狙うの難しくないですかね、逆に。というかダイエットしてー1kgって微妙すぎる。
あ、でも2ヶ月ほど前は+1〜2kgだったので、そのころ健康診断だったら危険だったなー。
| 日々。 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ルセット

 スペイン土産のチョコレートの裏っかわをじっと眺めて、材料は全世界似たようなもんなんだなーと何ともいえない気分(当然っちゃー当然)。スペイン語わからないけど大豆レシチンはわかる。
 うちの母はアメリカ土産の駄菓子の裏っかわを眺めて、何故か「酒石酸」だけ日本語で読み上げました。(それも何だかなー)

 そんなわけで材料くらいならわかるんじゃないかなーと妙な気を起こしてフランスの料理サイトを覗いてみました。

 …さっぱりわからんww

 お菓子の名前はわかるんですよ、流石に。発音はわからないけど。
 材料欄が…うーん、分量から察してコレが小麦粉だろうなー程度で。意味がわかってもどんなものかよくわからない物もあるし(液体のクレーム・フレシェってなんぞ)

 唯一の収穫は、ブラウザのプラグイン辞書が英語以外の言語にも対応しているという発見でしょうか…
| 日々。 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

最果ての島々

 通勤手段がバス一本になってしまったため、読書が進みません…なぜなら三半規管が激弱だからです。

 そのせいかどうかは置いといて、2ヶ月程かけて小説を1冊、やっと読み終わりました。

 …ミステリー小説なのに。

 しかもタイトル覚えてないって、どういうことだろう。

 シリーズ物で、以前読んだ一作前のタイトルは覚えていますが、内容は全く覚えていません。
 いや、嘘。ごめん、容疑者が犯人ではなかったらしいことはなんとなく覚えてる。しかし主人公のことは欠片も覚えていなかった!(えっ…)

 ミステリーの難しいところって、予め本文の中に犯人が登場していないと、それはそれで問題ってトコだと思います。(異論は認める)

 で、今回だらーっと読み進めたせいか、犯人が予想外でした…ずっと出てきてたのに…そんな素振りあったっけ…というかそもそも犯行時の描写とかなかったしな…

 舞台となっている島にちょっとだけ興味があるのですが、行っても何するんだろう?というようなところなんですよね…
 風景を楽しむとか、野鳥を観察するとか、毛糸を買うとか、目的があるなら別ですけどね。
| 日々。 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

識字率

 古来中国では文盲では武将にはなれなかったと聞いてふと、では西洋中世の騎士達は?と思うとなんとなく遠い目になってしまったような気が…

中国は三国志の話だったのですが、その中で、孫子がわかんないと軍勢の指揮とか出来ないよねーって話がちょろっと。

中世の騎士の方は、ほら、騎士たるもの自分の名前さえ書ければいい、みたいな風潮が一時期…
その分貴族の女性達が文芸のパトロンとして活躍するんですけど。
…兵法(戦法?)とかどうしてたんだろう?
| 日々。 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

はやいもので

 九月ももう終わりですなぁ…

異動になったり、十数年ぶりに国外へ出てみたり、怒涛の如く過ぎ去っていったよ…(呆然

久しぶりに手にしたパスポートは通算3冊目にしてやっと十年有効のもの!
今度こそ色んな国のスタンプをぺたぺたしたいなぁ…
| 日々。 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |